シェーグレン症候群とADHD長患い

はてなダイアリー時代からずっと書き続けた療養記録です。

サインバルタ断薬してみました

お久しぶりです。

あれから体調にものすごい波がありまして、ブログに書きたい事満載だったのですが、とにかく、今年は台風が多くて、天候おかしかったので、天候に左右されるタイプの私と娘はふたりでそれぞれの部屋のお布団にこもってミノムシ状態になってた年でした。

 

なんとかこの頃浮上してきた感じですが、11月に入り、今から年末ジョブシフトしないと、普通の人みたいに師走になってから走ってからでは私は間に合いませんので、諸所多忙です(;´∀`)

 

このブログに書いた最後の記事がサインバルタ移行の記事で、今それを断薬して様子見しているので、その報告だけ書こうと思います。

(なんて言っている割に前置きが長いwww)

 

私が抗うつ剤を飲み始めたきっかけは、私の疲労がシェーグレン症候群から来るものとしてはありえないほどひどいので、東京女子医大膠原病科の当時外来に出ていた赤間先生に診断を仰ぎ、「慢性疲労症候群」と診断され、同じく東京女子医大の精神科に通院を初めて、疲労対策にパキシルを飲み始めてからで、かれこれ10年以上飲み続けてました。

当時パキシルは最新の新薬で薬価が高く、慢性疲労症候群では自立支援の適用が無く(無いのか?私は当時知らなかった。今はあるかもね)で、新宿までの交通費往復とお薬代がものすごく痛かったです。

 

今は女子医大まで通うのが辛くて、近所のメンタルクリニックに相談してそこでお薬を出してもらうことになりましたので、今では女子医大には行っておりませんし、それからまたもっと新しいサインバルタが出てからは、パキシルやめてサインバルタでキープ。サインバルタパキシルよりは辛くない薬でした。私にとっては。抗うつ剤はひとそれぞれなので。

一時サインバルタやめるも、諸所あって去年人生初の鬱状態を体験、レメロンで復活するも、悪魔のような食欲地獄で苦しかったので、サインバルタにまた戻ってきて、また続けて疲労対策にサインバルタを処方マックス量まで増やしてずっと飲んできました。

 

ちなみに、現在の私は、慢性疲労症候群という疾病名ではどの医療機関にもかかっていないので、なるべく慢性疲労症候群という疾患名を使わないようにしています。現在は私の病状が慢性疲労症候群だったとしても、それを証明してくれる医療機関にかかっていないので。が、メンクリと、膠原病科と、婦人科で、それぞれ漢方や、メチコバールなど出してもらい、考えうる現在の慢性疲労症候群の治療はしているので、新しく慢性疲労症候群を診断できる医師に通院する気はありません。そんな元気ないんです。

 

最近になって、睡眠障害が酷く、生活にメチャメチャ支障をきたすようになりました。

きっと更年期障害も重なっているのもあると思うのですが、更年期障害も、ホルモン補充+プラセンタ注射+漢方と、医療で出来るすべての事をやっていますが、睡眠障害ひどくなるばかり。主訴である疲労がますます増悪して、ホトホト困りました。

睡眠薬で解決できれば問題ないのですが、今睡眠薬を投薬してもらえる量マックス飲んでいるので、これ以上どうしようもありません。というか、昔は睡眠薬3種までOKだったのに、なぜ今は2種までになってしまったのでしょうか( ;∀;)

 

私の睡眠障害は、もともとの寝つきが悪い体質もありますが、抗うつ剤での副作用が大きいのです。私が睡眠薬を服用するようになったのも、抗うつ剤を飲み始めたからです。抗うつ剤で自分の元気を鞭打って、昼間はそれでよいのですが、寝る時も鞭打ってくれちゃう感じなんですよ。

 

疲労対策で飲んでいる抗うつ剤の為に睡眠障害が酷くなり、さらに疲労が酷くなっている気がしてならなくなったので、メンタルの主治医と相談してしばらく減薬を続けていましたが、半月前ほどから、完全に断薬しました。

その結果、徐々に睡眠が改善されています!

睡眠薬は相変わらずマックス量飲んでいますが、日常生活を送っていくのに十分な睡眠がとれるようになりました!

様子を見て、無理ないように気をつけながら、将来は睡眠薬を減らしていって、ロゼレムのような薬にシフトしていきたいです。

本当は今からロゼレムも飲んでみたいんだけど、ロゼレムは睡眠薬カテゴリなので、今現在睡眠薬マックス出てる私は、追加でロゼレム飲めない( ;∀;)

2種のうち、1種をやめることが出来たら、ロゼレム試してみて、将来ロゼレムだけで行けたらいいな~と思っています。

 

サインバルタは、疲労や体の痛みに効果があるとも言われ、その目的での処方も多い薬ですが、私の場合、やめてみて、飲んでいた時と全く変わりません( ;∀;)

むしろ、眠れるようになったので、飲んでた時よりQOLアップです。

 

サインバルタ、5年くらい前に最初に飲んだのですが、その時は少し元気になったのですが、今はその感覚が全く感じられなくなりました。長く飲むと効かなくなる場合もあるのかな?こんど主治医に聞いてきます。

 

サインバルタをやめて、不眠が改善されたのとともに、もっと驚きの効果がありました!それは、ドライマウスの改善です。

体がいたダルで動けない事に比べればドライマウスなんて屁でもないと思っていたし、今でもそう思っていますが、サインバルタをはじめ抗うつ剤には口乾き副作用があるのも重々承知していました。

それが、サインバルタをやめていたら、シェーグレンの口乾きで口の粘膜がボロボロになって、血がにじんでいて、食べるものもすべて口の粘膜を刺激して、食事の度に痛みでしたが、それが改善されたのです!そりゃそうだよね(笑)

サインバルタが疲労やだる痛に効果あるのなら、そんな程度のドライマウスも屁の河童なのですが、効果ないので、やめて良かったのです。

 

現在、疲労には休むしか現代の医学では治療法がないです。

人より休息している時間が長いので生活に支障でちゃうのはしかたないです。

でも、寝てばかりいても生活回らないのが悩みです( ;∀;)

体のだる痛にはセレコックスで対応していますが、電気敷き毛布とポリの湯たんぽで温めるのも、これからの時期にはダル痛対策には有効です。

 

なんとかこれで様子見です。