読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シェーグレン症候群とADHD長患い

はてなダイアリー時代からずっと書き続けた療養記録です。

またもや戻ってまいりました。

お久しぶりです。というかはてなブログでは初めましてです。

 

体調がよくなくてなかなかブログを更新することが出来ない日々の中、「今、なにしてる」を一言つぶやくだけの「Twitter」の楽さに、そちらに流れて、ブログを更新するということから長らく離れていました。

 

最近の私は、自分の体調や心のつらさをTwitterに吐き出すことで救われていました。

そして、いわゆるツイ廃という状況に長らく身を置いてもう数年になります。

このままではいかんのではないか?という思いで、今日、はてなダイアリーを使ってずっと書いてきた自分の療養記を改めて少しだけ読み返しました。

d.hatena.ne.jp

そこには、今よりももっとつらく苦しい状態で、もがくように必死で、まだ中学生高校生だった娘の子育てに頑張っていた私がいました。

Twitterに吐き出す事での救いは、ちょっとだけ離れてみようと思いましたが、はてなダイアリーの過去ログを、はてなブログに移行することも出来たので、今度はその続きを、はてなブログの方で書いて行ってみようかな?と思っている所です。

 

過去の日記の私と、今の私との、大きな違いは、うつです。

この春ぐらいから、明らかにうつの症状を自覚しました。

前までは、大変なダルさと疲労で、うつなのでは?とも診断されていましたが、実際に自分がうつを自覚してみると、今までのだるさと疲労は、うつのそれとおそらく同等の酷さだったと言えますが、憂鬱な精神状態ではありませんでした。

現在はうつだと言えると思います。そして、うつには抗うつ剤のレメロンが効いていると思います。

 

次の違いは更年期障害の後遺症であるということと、閉経したということ。

現在、婦人科で、週に二回、プラセンタ「メルスモン」の皮下注射に通っています。

閉経は、私の体調にとって、むしろ良い方向に向かわせてくれたような気がします。

今でも私はとても体調がつらく、布団で過ごす日々が多いのですが、以前の日記の私のようなひどい状況よりはかなりマシになっていると言えると思います。

相変わらず睡眠障害でお薬は毎日飲んでいますが、ロヒプノール1錠で良い感じの睡眠を取ることが出来ています。

過去の日記を読むと、睡眠薬を何種類も服用しても眠れず苦しむ自分の姿を振り返ることが出来ます。

 

それと、もうひとつ大事な違い。過去の日記でいろいろ苦しんできたADHDの症状も、たまたま通っていた精神科の先生が発達障害専門であったことなどが重なり、自分でもびっくりするようなタイミングでコンサータの服用が始まったこと。

私は紛れもなくADHDでした。

正しく診断され、お薬を服用しながらの自分での生活上での努力で、今わりと良いリズムを作ってくれているのではないかとも思います。

 

ドライ症状はひどくなりました。

少し前は、乾燥はしていても、それが気にならない程度のもので、何よりも疲労倦怠感ダル痛の症状がひどかったのですが、今ではちょっと乾燥が辛くなりだしたかな?目よりも口です。唾液が全く出ません。お米を食べても。梅干を口に入れてもメチャメチャ酸っぱいだけで、唾液腺は無反応です。エボザックも効いている気がしません。

年のせいか、歯茎が痩せて、唾液も出ず、いつも口の中が痛いです。

そんなになってしてもなお、やはり、それよりも疲労倦怠感の症状の方が断然つらいのは、昔と同じ。その疲労倦怠感は、昔の日記を読んで思い出した感じでは、今の方がマシになっている気がします。

 

今の私については、そんな感じ。これから、また、ぼちぼち更新していけたらいいな。