読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シェーグレン症候群とADHD長患い

はてなダイアリー時代からずっと書き続けた療養記録です。

足浴&腰浴が良いことはわかっているし、漢方の主治医にも言われているけど、
何しろ、疲れすぎて、最低限の事をするのが精一杯で、
(トイレに行くのもふうふう言っていて、それと同じレベルでふうふう言いながら飯炊きしてる)
とても、自分の為にお湯を沸かして足浴の準備なんて出来なかったし、
お風呂では体を洗うのもやっとなので、そんなに長い間浴槽に居たら死んじゃう〜〜〜!!(いやマジで)って感じでした。
でも、この所、かなり回復しているので、ちょっと腰浴と足浴を始めてみました。
ステロイドがメチャ効いている時も、心臓バクバクで出来なかったし)
<< 注!!!この足浴&腰浴は、私ぴかが自己流で考え出したものなので、プロに特別指導された物ではありません。 >>
●足浴●
昼間の都合の良い時間(出来れば午前中)に、ヤカン1杯のお湯を沸かし、
大きなバケツに水を入れて、ヤカンの熱湯を入れて、ちょっと熱めのお風呂状態に。
(量は足を浸けたらくるぶしの上に来る量。くるぶしまで浸かることが肝心。)
そこに、入浴剤をちょびっと入れて、手元にタオルを用意してから足をつけます。
場所はリビングテーブルで。新聞などを読みながら。
お湯がぬるくなってきたらヤカンのお湯を継ぎ足し、それもぬるくなったら終了。
さめないうちに指付きソックスはいて、その上から毛糸のルームソックスで保温。
●腰浴●
入浴時、全身洗ってしまってから、風呂用椅子をバスタブに沈めて、腰から下だけ入浴。
自分の体のギリギリまで蓋を閉めて、ちょっと本を読みながら。
無理の無い範囲内で充分汗をかいたら、椅子を外して、一瞬肩までザブッとつかり、バスタブから出ます。
バスタブから出たら、
手足の指の先の方から、ゆっくりゆっくり慎重に、シャワーの冷水をかけていきます。
足は太ももまで、手は二の腕まで。